ここから本文です

【セントウルS】スノードラゴン軽快!高木師「仕上がりはいい」

デイリースポーツ 9月8日(木)6時3分配信

  「セントウルS・G2」(11日、阪神)

 7日、午前5時過ぎの美浦坂路。まだ全体的に暗さの残る中、真っ白な馬体のスノードラゴンが軽快なフットワークで駆け上がった。

 同じ芦毛の僚馬ホワイトフーガ(4歳オープン)を4馬身追走。一杯に追われる相手に残り1Fで楽々と内から馬体を合わせると、そのままの態勢でフィニッシュラインを通過した。

 4F52秒7-38秒8-12秒3の時計に、高木師は「ここ2週続けて(4F)51秒台でしっかりと追ってあるからね。仕上がりはいいですよ」とうなずいた。前走のCBC賞6着後は放牧でリフレッシュ。帰厩後はここでの復帰を目標に順調に乗り込まれてきた。

 一昨年のスプリンターズSの覇者も既に8歳の秋を迎えた。「8歳でもカイバはしっかり食べているし、元気いっぱいですよ」と目を細める。追い込み一手で前走同様、開幕週の馬場が気になるが、「課題のゲートも良くなっているし、ある程度の位置で流れに乗れれば」。G1馬の底力に期待を寄せた。

最終更新:9月8日(木)8時13分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ