ここから本文です

台湾証券取引所、機関投資家招いた会議開催で優良企業を世界にアピール

中央社フォーカス台湾 9月8日(木)18時31分配信

(台北 8日 中央社)台湾証券取引所は7日、毎年恒例のアジア・テクノロジー・コンファレンスを開催した。優良な台湾企業が集まる機会とあり、過去5年間で最多となる260人以上の機関投資家が詰め掛けた。

開催は今回で17回目。2009年からはクレディ・スイスと共同で行っている。台湾からは半導体、家電機器、バイオテクノロジー、電気通信、金融などの企業が参加。積極的な意見交換がなされた。

同取引所はこれまで、シンガポールや香港、マレーシアなどで積極的な投資誘致を実施。国外からの投資をひきつけたいとしている。また、台湾市場に対する海外投資家の関心は高まっているとし、さらなる経済規模の拡大に尽力する方針を示している。

(田裕斌/編集:齊藤啓介)

最終更新:9月8日(木)18時31分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。