ここから本文です

EXOスホ、ジスら“仲良しすぎる”メイキング映像解禁!『グローリーデイ』

cinemacafe.net 9月8日(木)16時0分配信

映画初出演となる「EXO」のリーダー・スホ、ドラマ「ラブリー・アラン」のジス、「応答せよ1988」のリュ・ジュンヨル、「プロデューサー」のキム・ヒチャンら、韓国の次世代若手キャスト4人が集結した『グローリーデイ』。このほど、10月8日(土)の公開を前に、スホら豪華キャスト陣や監督によるキャスティング秘話が収められたメイキング映像が解禁となった。

【画像】『グローリーデイ』メイキング

二十歳になったばかりのヨンビ(ジス)、サンウ(EXOスホ)、ジゴン(リュ・ジュンヨル)、ドゥマン(キム・ヒチャン)は、入隊が決まったサンウを見送るため、久しぶりに集まって旅行に出かける。友達がすべてのヨンビ、大学進学の代わりに軍隊を選んだサンウ、母に言われるがままの浪人生ジゴン、父親のコネで大学に入ったドゥマンは、それぞれの人生から抜け出して自由を満喫する。だが、浦項(ポハン)のある海辺ですっかり大人になった気分で浮かれていたのも束の間、彼らの心を揺るがす、ある事件に遭遇する――。

4人の若者が旅先で遭遇した一夜の事件から、冷酷な世の中と正面から向き合った二十歳の不安な内面をリアルにあぶり出した本作。衝撃のラストに、単なる青春映画では終わらない深みを観る者の心に残し、昨年の第20回釜山国際映画祭に正式出品され、韓国映画興行ランキング1位を獲得した。

ファン待望の映画初出演でスホが演じるのは、自分の学費を稼ぐために苦労している祖母の姿に心を痛め、大学進学の代わりに軍隊を選ぶ心優しき青年・サンウ。また、彼と共に入隊前最後の旅に出るのは、2016年最も注目される俳優の1人と言われるジス、大ヒットドラマ「応答せよ1988」でツンデレ男子を演じ大ブレイクしたリュ・ジュンヨル、そして「チーズ・イン・ザ・トラップ」「プロデューサー」と立て続けにヒット作に出演し、“ポスト国民の弟”と呼ばれるキム・ヒチャン。

今回公開となった撮影裏の映像では、共演する前から知り合いだったというジス、スホ、リュ・ジュンヨル、キム・ヒチャンの素顔をたっぷりと収録。「4人では最後までずっとまとまっていました」「はしゃぐシーンでは本気で遊んでます」といった彼らの言葉にも表れるように、新進気鋭のメインキャストたちの笑いの絶えない“仲良しすぎる”現場が公開されている。また、製作スタッフ陣が語るキャストの魅力やキャスティング理由、製作コンセプトも収められており、ファン必見の貴重な映像となっている。


『グローリーデイ』は10月8日(土)よりシネマート新宿ほか全国にて公開。

最終更新:9月8日(木)16時0分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。