ここから本文です

ケツメイシ、中島裕翔&新木優子の恋愛映画に主題歌提供

音楽ナタリー 9月8日(木)11時14分配信

2017年1月7日公開の映画「僕らのごはんは明日で待ってる」の主題歌として、ケツメイシが書き下ろしの新曲「僕らのために…」を提供した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「僕らのごはんは明日で待ってる」は瀬尾まいこの小説を原作とした、中島裕翔(Hey! Say! JUMP)と新木優子が出演するラブストーリー。中島演じる草食系男子・亮太と、新木演じる明るく元気な女の子・小春の7年越しの物語を描く。監督と脚本は「箱入り息子の恋」で知られる市井昌秀が手がけた。

ケツメイシが提供した主題歌「僕らのために…」は、人を好きになることの素晴らしさや切なさ、未来に向けた前向きな感情を歌ったラブソングで、10月26日にリリースされるケツメイシのニューアルバム「KETSUNOPOLIS 10」に収録される。本日9月8日に公開された予告編では、主題歌の一部を聴くことができる。

この映画について、ケツメイシのRYOJIは「いつからか忘れかけていたピュアな気持ち…心の一番柔らかい部分をくすぐられた様な気持ちになりました」「曲を仕上げて行く過程にも、そんなピュアな部分や健気さが伝わる様に心掛けました」とコメント。また、もともとケツメイシのファンだったという新木は「亮太と小春それぞれの感情が歌詞に込められていて、エンドロールで聴きながら映画を振り返る事ができる、とても素敵な曲だと思いました」と主題歌について語っている。

RYOJI(ケツメイシ)コメント
映画を観た感想
いつからか忘れかけていたピュアな気持ち…心の一番柔らかい部分をくすぐられた様な気持ちになりました。
主演のお二人の健気さのある演技が映画を観ていてとても心地良かったです。
ちなみに明日の晩御飯は、カツカレーが良いです。

楽曲に込めた思い
曲を仕上げて行く過程にも、そんなピュアな部分や健気さが伝わる様に心掛けました。
ケツメイシも平均年齢が40歳になりましたが、アーティストとしていつまでもピュアな部分を失わずに生きて行きたいと改めて思った次第です。ちなみに今日の晩御飯は、うな重でした。

新木優子コメント
もともとケツメイシさんの曲のファンだったので、主題歌を担当してくださると聞いて本当に嬉しかったです。映画の為に書き下ろしてくださったので、亮太と小春それぞれの感情が歌詞に込められていて、エンドロールで聴きながら映画を振り返る事ができる、とても素敵な曲だと思いました。

(C)2017「僕らのごはんは明日で待ってる」製作委員会

最終更新:9月8日(木)11時14分

音楽ナタリー