ここから本文です

「猿の惑星」ルパート・ワイアット監督が新作SF映画に着手

映画.com 9月8日(木)17時0分配信

 [映画.com ニュース] 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」のルパート・ワイアット監督が、新作SF映画「Captive State(原題)」でメガホンをとることがわかった。

 ワイアットは、妻のエリカ・ビーニーと共同で脚本も手がける。詳細は明かされていないが、タイトルの「Captive State」は、捕らわれの状態、捕らわれの国家などと訳すことができる。

 米バラエティによれば、現在複数のスタジオや出資者が本企画に興味を持っており、近日中に契約がまとまるものと見られている。2017年中の撮影開始を予定。

 ワイアット監督は、2014年の「ザ・ギャンブラー 熱い賭け」以来長編映画は撮っていない。テレビのほうでは、米Foxネットワークによる「エクソシスト」のドラマシリーズ化に関わっており、プロデュースと監督を務めることになっている。

最終更新:9月8日(木)17時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。