ここから本文です

【海外ゲーマーの声】宮本茂がAppleイベントでiOS向け『マリオ』発表―「コーヒー吹いた」

インサイド 9月8日(木)14時2分配信

ニューヨークで「PlayStation Meeting」が開かれ、新型PS4や対応タイトルの新映像公開など多くの注目情報が飛び出した9月8日未明ですが、それから遡ること数時間前に開催された「Appleスペシャルイベント」では、なんと任天堂の宮本茂氏が登壇し、『マリオ』フランチャイズの初のiOS向けゲーム『スーパーマリオラン』が電撃発表。今回の「海外ゲーマーの声」では、そんな同作発表に対する海外ゲームフォーラムユーザーのコメントを紹介します。

【関連画像】

「iPhone 7」や新型「MacBook Pro」の発表が期待されていたAppleイベントですが、宮本茂氏の突然の登場に海外ユーザーは「宮本茂が出てくるなんて、ビル・ゲイツがMacWorldにやってくるようなものじゃないか」「完全に想定外!」「宮本がAppleキーノートに登壇した瞬間にコーヒー吹いた」とメガトン級の衝撃を受けたご様子。しかしながら、新たにリリースが発表された『スーパーマリオラン』に関しては若干の賛否両論が見られました。

モバイル向けゲームで流行している“エンドレスランナー”ジャンルを採用したことに「ゲーム画面を観た瞬間に興ざめ……」と拒否反応を示すユーザーや、「名作にも駄作にもならないだろうね。どちらにせよ“エンドレスランナー”なのはちょっと残念」といった嘆きの声も見られていましたが、本質的なゲーム内容については好感触なコメントも多く、「グラフィックスタイルが『New スーパーマリオブラザーズ』だしダウンロードすると思うけど、良作になるとは思えない。だけど対戦モードは面白そうだし、このジャンルにしては珍しい感じ」「モバイルゲームにしては面白そうに見える」「エンドレスランナー自体が『マリオ』の影響を受けたジャンルだし、『スーパーマリオラン』はモバイル向け第1弾に相応しいタイトルだと思う」と判断が分かれるところのようです。

『スーパーマリオラン』は現在iOS向けApp Storeで製品情報が公開されており、ダウンロードの事前通知サービスを利用可能。モバイル向けに走り出した2Dアクションゲームの象徴的フランチャイズが行く道は、今後も大きな注目を集めそうです。インサイド読者の皆さんは、新たに発表された『スーパーマリオラン』をプレイしたいと思ったでしょうか?この展開に思うところがある方は以下投票ボックスやコメント欄にてお答えください。プレイしたい理由や気になる点など、みなさんのご意見をお待ちしています。

最終更新:9月8日(木)14時2分

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。