ここから本文です

国土交通省、整備事業者の次世代型スキャンツール導入を支援…二次公募

レスポンス 9月8日(木)13時15分配信

国土交通省は、資源エネルギー庁との連携により、自動車の整備技術の高度化を図る目的で、「次世代型スキャンツールの導入」や「次世代型スキャンツールを活用した研修」を支援するため、補助対象となる事業者の二次公募すると発表した。

一定の要件を満たすスキャンツール本体購入経費の一部を補助する。補助率は3分の1で1事業場当たりの補助上限額は10万円。対象は自動車分解整備事業者と優良自動車整備事業者。

今回の2次公募では、既に次世代型スキャンツールを事業場で保有している場合であっても、買い替えなどで新たに機器を購入する場合は補助の対象となる。

また、スキャンツールを活用した研修を実施する経費の一部を補助する。補助率は2分の1で、補助上限額は研修1回につき10万円。

公募期間は9月6~9月29日。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9月8日(木)13時15分

レスポンス

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。