ここから本文です

マテンロウ・アントニー相方、大トニーに改名!テレビ企画からの変更はガチだった

シネマトゥデイ 9月8日(木)19時20分配信

 お笑いコンビ「マテンロウ」の大野大介が、大トニーに改名したことを所属事務所のよしもとクリエイティブ・エージェンシーが発表した。

 改名のきっかけは、先日放送されたテレビ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS)。番組企画「芸人知名度格差コンビランキング」で芸人たちの知名度を調べるべく街頭インタビューした際に、あまりにも自身の知名度がないことを痛感した大野は、「改名したいんですよ」とダウンタウンの松本人志に相談。「大トニー」への改名を提案されていた。

 この提案を受け入れ大野はその場で改名すると語っていたが、実際に手続きも行われていたよう。所属事務所のFAXを通じて大野は「ダウンタウン松本さんに番組の流れではありますが、名前をつけていただき、僕の芸人人生で一番の出来事になりました! 僕の名前を知らない人ばかりですが、これを機に覚えていただけたら嬉しいです!!」と大トニーとして新たな一歩を踏み出すことを明かしている。

 吉本興業の公式プロフィールでも、相方のアントニーはそのままだが、大野の名前欄は「大トニー」に変更されている。(編集部・井本早紀)

最終更新:9月8日(木)19時20分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。