ここから本文です

ソニー、「プレイステーション4」の新型2機種を発表

ロイター 9月8日(木)8時2分配信

[7日 ロイター] - ソニー<6758.T>傘下のソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は7日、据え置き型ゲーム機「プレイステーション(PS)4」の新型2機種を発表した。

一つは4K解像度とHDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)に対応した高画質の「PS4プロ」。11月10日に発売され、価格は399ドル。

PS4プロは、日米で10月13日に発売する仮想現実(VR)端末「PSVR」にも対応している。

もう一つは現行のPS4を薄型・軽量化し消費電力を低減させたモデル。9月15日に発売し、価格は299ドル。

PS4は2013年の発売以来、累計販売が4000万台以上に達し、マイクロソフト<MSFT.O>の「Xbox」や任天堂<7974.T>の「WiiU」の販売台数を大きく上回っている。

最終更新:9月8日(木)8時11分

ロイター

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。