ここから本文です

テニス=錦織がマリー下し4強入り、全米オープン

ロイター 9月8日(木)8時18分配信

[ニューヨーク 7日 ロイター] - テニスの四大大会最終戦、全米オープンは7日、ニューヨークで男子シングルス準々決勝を行い、第6シードの錦織圭は第2シードのアンディ・マリー(英国)を1─6、6─4、4─6、6─1、7─5で下し、4強入りを果たした。

2014年大会以来の決勝進出を目指す錦織は、準決勝でスタン・バブリンカ(スイス)─フアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)の勝者と対戦する。

今年のウィンブルドン選手権に優勝し、リオデジャネイロ五輪の金メダルを獲得したマリーは、7大会連続で継続していた決勝進出が途切れることとなった。

最終更新:9月8日(木)8時18分

ロイター