ここから本文です

デルタ航空、収入減1億ドル…システム障害で2300便欠航 8月

レスポンス 9/8(木) 14:01配信

デルタ航空は、8月の輸送実績を発表した。

8月のユニットレベニュー(1供給座席マイル当たりの旅客収入、PRASM。イールド)は、前年同月比9.5%減と低迷した。これは、米国内線の直近予約のイールドが引き続き低いこと、大西洋路線における継続的な需供の悪化、日本円のヘッジ損などによるもの。

[関連写真]

加えて、8月に発生したシステム障害により3日間にわたり2300便を欠航した。システム障害および運航正常化に向けた対応により、8月の収入は約1億ドル減、ユニットレベニューは2ポイント減の影響があった。

旅客人数は同3.1%減の1634万0426人だった。

座席利用率は2.9ポイントダウンして84.4%だった。このうち、米国内線は3.5ポイントダウンして83.4%だった。国際線は2ポイント悪化して85.9%だった。大西洋線が4.2ポイントダウンしたため。

幹線のコンプリーションファクターは98.0%で、定時到着率(到着予定時刻から14分以内の到着)が79.9%となった。

日本発着路線を含む太平洋路線の有償旅客マイルは、同8.7%減で、座席利用率は1.2ポイント増の92.2%だった。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9/8(木) 14:05

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。