ここから本文です

【京成杯AH】蛯名は控えめのジャッジもダノンプラチナ合格点 

デイリースポーツ 9月8日(木)6時3分配信

 「京成杯AH・G3」(11日、中山)

 ハロー(馬場整地)明けに蛯名を乗せたダノンプラチナが7日、僚馬プロディガルサン(3歳オープン)を引き連れて美浦Wに入った。5Fから0秒4先行で発進し、外で後輩を“おいでおいで”。相手のペースに合わせてピッチを上げ、馬なりのままの併入だ。

 タイムは5F68秒0-39秒2-12秒4。蛯名は「難しいね。久々という感じはある。馬の状態を考えてぎりぎりのところで攻めた」と控えめなジャッジだが、国枝師は「見た感じは悪くない。やったら動き過ぎるので前に行かせた。長く休んでいたから早めに動きだしたし、ベターかな」と合格点との見解だ。

 春は安田記念を目標に調整していたが、爪の状態がしっかりせず調整に苦闘。状態が伴わないとの判断で回避した。今回は東京新聞杯4着から7カ月ぶりのぶっつけになる。「気持ち的に鉄砲は利きそう。枠?どうせ後ろから行くから」とトレーナーは前を向いた。復帰戦に向けて着実に歩を進めている。

最終更新:9月8日(木)8時11分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]