ここから本文です

コロンビア代表では輝きを放つハメス...レアル・マドリーで再起を誓う

GOAL 9月8日(木)19時51分配信

レアル・マドリーに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは、代表戦で披露しているようなパフォーマンスをレアルで見せる必要があるかもしれない。スペイン『マルカ』が伝えた。

“FIFAウイルス”と称されるインターナショナルウィークは、欧州の各クラブに大打撃を与える。主力選手の大半が国際親善試合やワールドカップ(W杯)予選でチームを離れ、疲労を蓄積して戻ってくるためだ。その一方で、所属クラブで出場機会が少ない選手にとっては、代表戦が復調へのきっかけになることがある。

そういった選手の一人がハメスだ。コロンビア代表の10番は、1日に行われたW杯南米予選ベネズエラ戦(2-1)で1得点1アシストを記録してチームを勝利に導いた。次節ブラジル戦(1-2)では敗れたものの、一時は同点となった36分に相手のオウンゴールを誘発している。

ハメスは代表戦でなぜレアルが2014年夏に同選手の獲得のため8000万ユーロ(約91億円)の移籍金を支払ったのかを証明した。次なる目標はコロンビア国民の声をレアルのジネディーヌ・ジダン監督に届けること。つまり、レアルで定位置をつかむことである。

今季UEFAスーパーカップのセビージャ戦、リーガエスパニョーラ開幕節レアル・ソシエダ戦、第2節セルタ戦でいずれも先発から外れたハメス。レアルは今後22日以内に7試合を控える。次に代表戦が行われる10月第一週まで十分時間は残されている。

レアルは現在MFイスコが負傷で戦列を離れており、FWカリム・ベンゼマやクリスティアーノ・ロナウドも負傷から明けたばかりだ。それでもMFガレス・ベイル、マルコ・アセンシオ、ルーカス・バスケス、FWアルバロ・モラタがいる前線のポジション争いは激しい。だが「コンディションの良い選手を起用する」と常々口にしているジダン監督の方針の下、ハメスにチャンスが訪れる可能性は少なくない。

移籍1年目にカルロ・アンチェロッティ監督(現バイエルン・ミュンヘン)の信頼を勝ち取ったハメスは、その強力な左足を武器に本拠地サンティアゴ・ベルナベウの観衆の心をつかんだ。今度はジダン監督の信頼を得て、レコンキスタ(再征服)を成就させなければいけない。

GOAL

最終更新:9月8日(木)19時51分

GOAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]