ここから本文です

<文豪ストレイドッグス>第2クールで武内駿輔がラヴクラフトに

まんたんウェブ 9月8日(木)19時40分配信

 10月にスタートするテレビアニメ「文豪ストレイドッグス」の第2クールで、声優の武内駿輔さんが新キャラクターを演じることが分かった。文豪が特殊能力を駆使するアニメで、武内さんは「旧支配者」という能力を使うラヴクラフトを演じる。また、河西健吾さんが「怒りの葡萄(ぶどう)」という能力を駆使するジョン・Sの声優を務める。

【写真特集】ジョン・Sもかっこいい イケメンな文豪が続々

 「文豪ストレイドッグス」は朝霧カフカさん原作、春河35さん画のマンガで、「ヤングエース」(KADOKAWA)で連載中。武装探偵社の中島敦らが異能力で戦う姿が描かれている。文豪が“イケメン化”して登場し、中島敦は白虎に変身する「月下獣」、太宰治は異能を無効化する「人間失格」など名作をモチーフとした異能力を使う。第1クールが4~6月に放送された。

 第2クールは10月5日深夜からTOKYO MX、WOWOWほかで順次放送される。

最終更新:9月8日(木)19時40分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。