ここから本文です

韓国プロ野球・ネクセン球団オーナー、70億ウォン横領・背任疑惑で再出廷

WoW!Korea 9月8日(木)11時6分配信

70億ウォン(約6億3000万円)を横領した容疑で拘束令状が請求された韓国プロ野球ネクセン・ヒーローズの球団オーナー、イ・ジャンソク代表(50)が2回目の拘束前被疑者尋問(令状実質審査)で出廷した。

 ソウル中央地裁は8日午前10時30分より、イ代表に対する拘束前被疑者尋問(令状実質審査)を進行している。

 予定時刻の25分前に到着したイ代表は、言葉を発することなく足早に法廷へと向かった。

 一方、検察によるとイ代表は、野球場内の入店売り場保証金を法人ではなく個人口座で受け取るなど、50億ウォン(約4億5000万円)を横領。また、その他の方法で球団に19億ウォン(約1億3000万円)相当の損害を与え、同額の利益を得た容疑がもたれている。

最終更新:9月8日(木)11時6分

WoW!Korea

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。