ここから本文です

白鵬、都内病院で精密検査…秋場所出場可否は8日に決断

デイリースポーツ 9月8日(木)6時3分配信

 「大相撲秋場所」(11日初日、両国国技館)

 右足親指と左膝痛のため出場が微妙となっている横綱白鵬(31)=宮城野=が7日、都内の病院でエックス線、磁気共鳴画像装置(MRI)などによる精密検査を受けた。その結果をもとに8日、出場するか休場するかの決断をする。

 7日も前日と同じように四股、すり足はできなかったが、また割を始めるなど、調整のレベルは少し進展。約1時間汗を流し、「(6日に右足親指の)血を抜いたんですよ。治療がよかったのかな。指先は神経が多くて圧迫されているから」と笑顔も見せた。

 報道陣から動きがよくなったと言われると、「よく分かっているね。そんな感じです」と返したが、現実問題として出場は厳しい。検査結果が良好だったとしても準備不足は否めない。そのあたりは白鵬も重々承知で、「今日が月曜日(2日前の5日)だったらよかったねえ」と本音も漏らし、出場より休場に傾いていることをうかがわせた。

 休場すれば昨年先場所以来4度目。初日からの休場となると大関だった2006年九州場所以来となる。

最終更新:9月8日(木)8時7分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。