ここから本文です

品川港南エリアに「品川ハイボールバー」 ブラックニッカ中心に14種類 /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月8日(木)12時0分配信

 品川駅港南口エリアに8月30日、「品川HIGHBALL BAR(ハイボールバー)」(港区港南2、TEL 03-5782-2678)がオープンした。(品川経済新聞)

「品川HIGHBALL BAR(ハイボールバー)」の内装

 カラオケ店「ビッグエコー」やダイニング「ウメ子の家」などを展開する第一興商(品川区)の新ブランドとなる同店。コンセプトは「ブラックニッカ史上、最強炭酸ハイボールを楽しめる居心地いい空間」。店舗面積は約14坪、席数は50席。

 同社飲食事業運営部の岸本謙治さんは「品川はビジネス街のため、当店のように気軽に入れるバーの需要は高い。飲み会前の0.5次会や新幹線発車までの待ち時間などにも使ってもらえたら」と話す。

 ハイボールは14種類をそろえる。全国で数十台しかないという「スプラッシュハイボールタワー」を備え、「ブラックニッカ クリア」(450円)、「ブラックニッカ リッチブレンド」(550円)などを提供する。そのほか、「生絞りオレンジハイボール」(580円)、「ジンジャーハイボール」(500円)、「ラフロイグ10年 ハイボール」(980円)なども用意する。

 フードは、「自家製フライドチキン 3P」(580円)、「たこ焼き ソースマヨ 3個」(280円)、「パクチーチャーシュー」(480円)などハイボールに合う手軽なメニューをそろえる。

 ランチタイムは、「タイ風唐揚げBOWL~スイートチリ仕立て~」(780円)、「特製グリーンカレー」(780円)、「ローストビーフBOWL」(980円)など。客単価は、ランチ=1,000円、ディナー=1,800円(以上、税別)。

 「『東京でハイボールを飲むならここ!』という店にしていきたい」と岸本さん。「お客さまの声を反映しながら、さらに居心地の良い空間を作っていければ」と意気込む。

 営業時間は11時~24時(金曜は29時、土曜・日曜は23時30分まで)。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月8日(木)12時0分

みんなの経済新聞ネットワーク

【生中継】小池百合子都知事の会見