ここから本文です

パラリンピック=バッハIOC会長、開会式を欠席

ロイター 9月8日(木)9時9分配信

[7日 ロイター] - 国際パラリンピック委員会(IPC)は、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が、7日のリオデジャネイロ・パラリンピックの開会式を欠席すると明らかにした。

バッハ会長はもともと8月に死去した友人のワルター・シェール元西ドイツ大統領の葬儀に出席することを明らかにしていた。パラリンピックでは開会式に出席し、第1日の競技会場にも臨席する予定だったが、予定の調整がつかずブラジルに向かうことが出来なくなったという。IPCの広報担当者が声明で述べた。

IOC会長がパラリンピックの開会式を欠席するのは1984年大会以来初めて。バッハ会長は2014年冬季パラリンピック・ソチ大会では開幕から2日間現地に滞在した。

IPCの広報担当者はロイターの電話取材に対し、「バッハ会長の出席がかなわなかったのはIOCの会長や役員がいかに多忙であるかを示すものであり、冷たいなどとは思わない」とコメントした。

最終更新:9月8日(木)9時9分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]