ここから本文です

日本のガールズグループを一日店長に 韓国・新世界免税店

聯合ニュース 9/8(木) 11:05配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の新世界免税店明洞店は8日、日本のガールズグループ、アップアップガールズ(仮)とチャオベッラチンクエッティを一日店長に任命すると発表した。

 アップアップガールズ(仮)とチャオベッラチンクエッティは10日に開かれる委嘱式に出席後、日本から訪れる約100人のファンとの握手会、説明会、売り場案内などを行う予定だ。

 新世界免税店は一日店長任命について、中国人観光客中心の韓国の免税店市場で多角化を図るための努力の一環だと説明した。明洞店を訪問する日本人客は5月のオープン時に比べ50%以上増加したという。

 2012年9月から減少し始めた日本人観光客数は今年2月に増加に転じた。韓国観光公社は1~7月に来韓した日本人観光客が前年同期比19.4%増加し、今年の目標に掲げている日本人観光客数230万人達成も可能と見込んでいる。

最終更新:9/8(木) 11:13

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。