ここから本文です

嵐・櫻井翔、2年ぶりのドラマ主演に!車椅子バスケで世界目指す

cinemacafe.net 9/8(木) 20:48配信

「嵐」の櫻井翔が、フジテレビが2017年新春に贈るドラマ「君に捧げるエンブレム」にて、ドラマ主演を務めることが明らかになった。

鷹匠和也は幼少の頃から注目を浴びてきた天才サッカー選手。Jリーグに入団し、23歳で念願のサッカー日本A代表にも選ばれ、自慢の婚約者・仲川未希との新居も構えまさに順風満帆。ところが、結婚式の衣装合わせを控えたある日、和也は交通事故にあい脊髄を損傷する大怪我を負ってしまう。立てない、歩けない、一生を車椅子で過ごさなければいけない…。人生そのものを失ったに等しい絶望のどん底にいた彼に、未希が差し出したのは婚姻届だった。

以前と変わらぬ態度で接する未希に支えられ、驚異的なスピードでリハビリを克服していく和也。だが結婚に反対する双方の家族、世間のあわれみの目、何より弱者になってしまったことを受け入れざるを得ない自分自身、サッカーに代わるものなど見つけられず、先の見えない人生に、為すすべもなくいら立つことしかできずにいた。そんなある日、和也は偶然車椅子バスケを目撃。激しいボール、床をこするタイヤの焦げた匂い、戦車のような車椅子、ぶつかりあう屈強な男たち。そして、その熱気。吸い込まれるように見入っていた和也の手に、「やってみますか?」とボールが手渡される。「妻に誇れる男でありたい。生まれてくる子に誇れる父でありたい。自分に誇れる人生を歩みたい」。パラリンピック日本代表選手を目指す和也の新たな挑戦が始まった――。

リオ・パラリンピックやBリーグ開催と、車椅子バスケットボールやバスケットボールそのものに注目が集まる昨今、今回放送決定したドラマは、車椅子バスケ日本代表選手として世界を目指した実在の元Jリーガー・京谷和幸をモデルに描くヒューマン・ラブストーリーだ。

主演には、国民的アイドル、キャスターとして多面的に活躍しながら、「謎解きはディナーのあとで」「家族ゲーム」、『ハチミツとクローバー』『神様のカルテ』シリーズなど俳優としても様々な作品に出演する櫻井さん。今回の櫻井さん起用にあたって、プロデューサー・増本淳は「国民的スターでありながら親しみやすく、そして茶目っ気と真面目さが同居する稀有な役者だと思います。そんなキャラクターが主人公にぴったりと思いオファーさせていただきました」とコメントしている。

今回、2年ぶりのドラマ主演だという櫻井さんは「久しぶりにお芝居をするということで緊張しています」と率直な感想を述べ、「別の番組で障がい者スポーツの取材をさせていただいている中、いろいろ思うところや伝えたいと思うことがあるのですが、今回ドラマという表現の中で、(障がい者スポーツに)スポットライトを当てることができるのであれば、それはすごく光栄なことだと思っております」と語った。

また実際に車椅子バスケを体験したことをふり返り、「めちゃくちゃ難しいんです。まずはそれをきちんとしたレベルまで持って行かなくては、ということですね。正直、ちょっと不安…、まずいなぁと思っています(笑)」と本音を吐露するも、「人間ドラマ、そして車椅子バスケの迫力と、骨太な力強い作品になると思いますので、年明け早々大きな希望の光をお伝えできたら」と意気込んだ。

新春大型ドラマ「君に捧げるエンブレム」は2017年新春、フジテレビにて放送予定。

最終更新:9/8(木) 20:48

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]