ここから本文です

劇場版「マジェプリ」主題歌は昆夏美「とても光栄に思っています」

音楽ナタリー 9月8日(木)12時0分配信

11月4日より全国公開されるアニメ映画「劇場版 マジェスティックプリンス」(仮題)の主題歌が、昆夏美の新曲「消えない宙(そら)」に決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

彼女が「マジェスティックプリンス」シリーズのテーマ曲を歌うのは、テレビアニメシリーズのオープニング曲「私は想像する」「PROMPT」と挿入歌「心はひとつじゃない」に続いて4曲目。作曲は齋藤真也が手がけており、逆境や試練を前にしてもあきらめることなく走り続けるメッセージを歌ったポップチューンとなっている。

今回の主題歌について、昆は「たくさんの方に愛されているこの作品の劇場版に再び携わらせていただける事、とても光栄に思っています」「久々のレコーディングで緊張していましたが歌いながら自分も勇気付けられるような感覚で楽しくレコーディングする事ができました」と語っている。なお、この曲は昆の5枚目のシングルとして11月9日にCDリリースされる。

昆夏美 コメント
「マジェスティックプリンス」は私のアーティスト活動の原点となる作品です。たくさんの方に愛されているこの作品の劇場版に再び携わらせていただける事、とても光栄に思っています。主題歌「消えない宙(そら)」は疾走感溢れる、とても爽快なナンバーとなっています。
私自身、久々のレコーディングで緊張していましたが歌いながら自分も勇気付けられるような感覚で楽しくレコーディングする事ができました。みなさんにも気に入っていただけたら嬉しいです。そして、主題歌として物語を少しでも盛り上げる事ができたらいいなと思っています。みなさま、劇場版「マジェスティックプリンス」、主題歌「消えない宙(そら)」どちらも是非楽しみにしていてください!!

最終更新:9月8日(木)12時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。