ここから本文です

渡辺謙、「ベル・カント」映画化でジュリアン・ムーアらと共演決定

cinemacafe.net 9月8日(木)21時15分配信

アン・パチェット著のベストセラー小説「ベル・カント」の映画化が決定した。

「Variety」誌によると、監督は『アバウト・ア・ボーイ』のポール・ワイツ、脚本は劇場アニメ『鉄コン筋クリート』のアンソニー・ワイントローブとワイツ監督が共同執筆し、キャストにはジュリアン・ムーア、渡辺謙、デミアン・ビチルの名前が発表されている。

【画像】「ベル・カント」映画化に出演する渡辺謙

「ベル・カント」とはイタリア語で「美しい歌」の意。ストーリーは有名オペラ歌手が南米のある国で開かれた日本の大企業の社長の誕生日パーティーに招かれる。しかし会場となっていた副大統領官邸にテロリスト集団が襲撃し、招待客が人質に。それから数か月間、テロリストと人質は外界からシャットアウトされた官邸の中で暮らすことになり、両者が不思議と心を通わせていく…という内容だ。ジュリアンはオペラ歌手、渡辺さんは日本の大企業の社長、デミアンはテロ集団の首謀者を演じる。

映画のセールスを担当するアレックス・ウォルトンは、「何年も前に『ベル・カント』を読み、映画になるだろうということを自然と確信していた。世界中に愛読者がいるし、素晴らしいキャストが物語に命を吹き込むのを喜んでくれると思う」と語っている。

最終更新:9月8日(木)21時15分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。