ここから本文です

「グレイズ・アナトミー」アリゾナ、新シーズン2エピソード欠席

シネマトゥデイ 9月8日(木)23時38分配信

 テレビドラマ「グレイズ・アナトミー」でアリゾナ・ロビンス医師を演じているジェシカ・キャプショーが、第13シーズンの最初の2エピソードには出演しないという。

【写真】「グレイズ・アナトミー」シーズン10

 クリエイターのションダ・ライムスがEW.comに語ったところによると、前シーズンの終盤を撮影していたとき、ジェシカは第4子を出産間近だったとのこと。そのため、続けて撮影したと思われる新シーズンの初めは産休中だったようだ。

 ジェシカは5月2日に娘のジョセフィン・ケイト・ギャヴィガンちゃんを無事に出産し、ションダによると、第3エピソード以降は盛りだくさんのストーリーラインで戻ってくるそう。

 カリー・トーレス医師を演じてきたサラ・ラミレスが降板したことを受け、新シーズンでアリゾナは再び独身になるが、新たな恋も待っているという。「アリゾナの恋愛対象を紹介するのが楽しみです。彼女が自分らしくあるためのストーリー、これまでの恋愛によって彼女がどんな人間になったかを語れることを楽しみにしています」とションダはコメント。新しい恋については、視聴者も応援したくなるよう、自然に展開させていきたいと言っている。

 サラは降板してしまったものの、ストーリーの中でカリーは出てくるとのこと。アリゾナが娘ソフィアに会いにカリーの元へ行くという設定を盛り込むなど、カリーの存在を消し去ることはしないという。

 「グレイズ・アナトミー」第13シーズンはアメリカで9月22日からスタートする。(澤田理沙)

最終更新:9月8日(木)23時38分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。