ここから本文です

25日福島で「ワインの祭典」 世界の200種グラス売り

福島民報 9月8日(木)13時3分配信

 東北最大級のワインの祭典「ワイン ヴァン ヴィーノ フクシマ」は25日午前10時から午後6時まで、福島市の福島駅前通りと中合ツイン広場で繰り広げられる。
 実行委員会主催、福島民報社などの後援で7回目。福島市を中心に、県内外の飲食店など30店がブースを設け、産地や銘柄にこだわった世界の200種類以上のワインをグラス売りする。
 24日午前10時から午後8時まで中合ツイン広場で前日祭を催す。実行委員会がフードとワインのブースを設ける。予約制で3千円でフランス・ブルゴーニュ地方の料理を提供するコースもある。
 両日とも「ミスブルゴーニュ2013」のマリー・ラインツさんが来場する。問い合わせは実行委員会事務局 電話070(1147)8080へ。
   ◇  ◇
 南沢学実行委員長は7日、PRで福島民報社を訪れた。実行委員の梅田勝実さん、斉藤隆行さん、事務局の菅野新也さんが一緒に訪れた。

福島民報社

最終更新:9月8日(木)13時7分

福島民報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。