ここから本文です

キャノンMJがプロドローンに資本参加

レスポンス 9月8日(木)14時16分配信

キヤノンマーケティングジャパン(キャノンMJ)は、産業用ドローンシステムを製造・開発するプロドローンに資本参加すると発表した。

プロドローンが発行する第三者割当増資をキャノンMJが1億円で引き受ける。

キヤノンMJグループは、2016年からの5か年計画「長期経営構想フェーズIII(2016年~2020年)」で「イメージング&ITソリューション」による成長領域へのシフトと事業領域の拡大を推進している。今回、プロドローンに出資してドローンを活用した新たなソリューション提供を目指す。

プロドローンは、産業用ドローンのカスタマイズやソフトウェア提供を行う産業用ドローンシステムの国内有力メーカー。

キヤノンMJは、資本参加を機にプロドローンと日本国内における販売契約を締結する。プロドローンのドローンにキヤノン製の映像入力機器を搭載し、高精細画像データの取得による映像解析ソリューションや関連サービスを展開する予定。

キヤノンMJはプロドローン製産業用ドローンの主たるディストリビューターとして、全国にドローン機材の提供と、関連するサービスとサポート事業を展開する。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9月8日(木)14時16分

レスポンス