ここから本文です

Apple、「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」発表 防水仕様、FeliCa対応

ITmedia ニュース 9/8(木) 3:03配信

 米Appleは9月7日(現地時間)、iOS搭載スマートフォンの新モデル「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」を発表した。初代iPhoneから一貫して搭載してきた直径3.5ミリのイヤフォンジャックがなくなったほか、非接触ICカード技術「FeliCa」に対応する。7 Plusには2個のレンズを内蔵した「デュアルレンズカメラ」を採用している。日本などで9月6日に予約受け付けを始め、16日に発売する。7万2800円(税別)から。

【画像:デュアルレンズカメラはこんな感じ】

 iPhone 7は4.7インチ(1334×750ピクセル)、iPhone 7 Plusは5.5インチ(1920×1080ピクセル)の「Retina HDディスプレイ」を搭載する。「A10 Fusion」チップを採用し、iPhone 6と比べてプロセッサの処理速度が最大2倍、グラフィックスの処理速度が最大3倍になるほか、電力効率がよくバッテリー寿命が向上したという。

 iPhone 7、iPhone 7 Plusともに32Gバイト、128Gバイト、256Gバイトの3モデルをラインアップ。iPhone 7の32Gバイトが7万2800円、128Gバイトが8万3800円、256Gバイトが9万4800円、iPhone 7 Plusの32Gバイトが8万5800円、128Gバイトが9万6800円、256Gバイトが10万7800円(いずれも税別)

 iPhone 7は138.3(高さ)×67.1(幅)×7.1(厚さ)ミリ、重さは138グラム。iPhone 7 Plusは158.2(高さ)×77.9(幅)×7.3(厚さ)ミリ、重さは188グラム。カラーはゴールド、シルバー、ローズゴールドに、新色で光沢のある「ジェットブラック」と光沢を抑えた「ブラック」を加えた5種類。ボディには防水性能(IP67)も備えるほか、初めてステレオスピーカーを搭載する。

 iPhone 7のカメラは、光学式手ブレ補正機能に加え、f/1.8の開口部、6枚構成のレンズ、クアッドLED True Toneフラッシュを採用し、十分な明るさがない撮影環境にも対応できるという。7 Plusの背面には、広角と望遠の2種類のレンズが並んだ「デュアルレンズカメラ」を搭載し、2倍の光学ズーム、最大10倍のデジタルズームが可能になった。

 日本モデルには、ソニーの非接触ICカード技術「FeliCa」を採用。ICカード乗車券の代わりにiPhoneを改札機にかざして交通機関を利用できる。Appleのモバイル決済サービス「Apple Pay」(日本では10月中にスタート予定)も使えるようになるという。

 初代iPhoneから搭載されていた直径3.5ミリのイヤフォンジャックが廃止に。代わりに、データ転送や充電に使うLightning端子に接続する新型のイヤフォンと、従来型のイヤフォンをLightning端子につなぐためのアダプタを付属する。ワイヤレスイヤフォン「AirPods」を10月下旬に発売する。価格は1万6800円(税別)。

最終更新:9/8(木) 5:45

ITmedia ニュース

なぜ今? 首相主導の働き方改革