ここから本文です

11日からダリ企画展 北塩原の諸橋近代美術館

福島民報 9月8日(木)13時3分配信

 諸橋近代美術館の特別展「ヤワカタな自我~かたくてやわらかいダリの世界~」は11日、福島県北塩原村の同館で開幕する。11月30日まで。
 同館が所蔵するサルバドール・ダリの作品のうち、軟らかい物と硬い物をモチーフにした絵画や彫刻など約50点を展示し、ダリの個性に迫る。
 シスレーやセザンヌら印象派以降の西洋近代絵画約35点を紹介するコレクション展を同時開催する。
 10月2日にハロウィーンキャンドルづくり、同16日に特別展講座、11月3日にコレクション展講座を催す。定員と予約受付日は講座によって異なる。観覧料は一般950円、高校・大学生500円、小・中学生無料。問い合わせは諸橋近代美術館 電話0241(37)1088へ。
 同館の山本利幸事務局長と佐瀬成美さんは7日、福島民報郡山本社を訪れ、特別展をPRした。

福島民報社

最終更新:9月8日(木)13時8分

福島民報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。