ここから本文です

次の発見は? 宇多田ヒカルのインスタは“拾い物”だらけ

日刊ゲンダイDIGITAL 9月8日(木)19時59分配信

 ニューアルバムの発売を控え、テレビ各局に出演すると話題の歌手・宇多田ヒカル(33)。11万2000人のフォロワーを誇るインスタグラムもしっかりプロモーションに使うのかと思いきや、期待とは裏腹に、なんともシュールな“拾い物写真”で占められていた。

 8日未明に「ペンチ拾った」と宇多田がアップしたのは、ラジオペンチを持つ手を撮影した画像。背景には歩道が写り、道端で拾った直後に撮ったらしき1枚だ。ペンチの先端や柄の部分は錆びていることから、風雨にさらされたことが分かる。

 ファンは、<あはは~(笑)><何で道にペンチ?><警察に届けなきゃ><何か、何時も探してる?><ヒッキーってもしかして能力者?>など、突然のラジオペンチ登場に次々と驚きのコメント。<ヒッキー次の拾い物期待してるよ>と、“次の発見”を期待するフォロワーもいる。

 宇多田のインスタを遡ると、とにかく“拾い物”のオンパレードだ。8月には「芋拾った」とジャガイモの画像を、「珍しく大きなもの拾った」と題してアップしたのはフランス自動車メーカー、プジョーのホイールカバーの画像。それ以前にもアクセサリーとみられる金属製の小さな星、バネ、鍵……果ては「騙された感」とのメッセージを添え、スーパーの床に落ちていたという硬貨大の段ボール片の画像までアップしている。

 宇多田は今後、何を拾ってくれるのか。ちなみに、拾ったモノを宇多田がどうしているのかは、不明だ。

最終更新:9月8日(木)20時35分

日刊ゲンダイDIGITAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。