ここから本文です

2017年もフォースとともに、スター・ウォーズおせち予約受付中

映画ナタリー 9月8日(木)12時45分配信

「スター・ウォーズ」をモチーフにしたおせちが、通販サイトのベルメゾンネットにて予約販売されている。価格は2万4000円。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「『スター・ウォーズ』の世界」と名付けられた一の重は、ダース・ベイダーをかたどった黒ゴマムースの下に黒豆、R2-D2をかたどったミルクムースの下にきんとんが配置され、祝い肴が中心の詰め合わせに。海の幸が満載の二の重「ライトサイドの世界」は、銀河生命体を思わせる仕上がり。三の重「ダークサイドの世界」には和・洋・中を楽しめる品々が盛り込まれた。

また重箱の天面には、ダース・ベイダーとストームトルーパーの姿が。手ぬぐいカレンダー、風呂敷、祝い箸やぽち袋といった、和とキャラクターを組み合わせたオリジナルアイテムも付属する。重箱は繰り返し使用できるので、食べ終わったあとも「スター・ウォーズ」の世界を楽しもう。

注文の受け付けは12月19日17時まで。12月29日より順次届けられる。

(c)& TM Lucasfilm Ltd.

最終更新:9月8日(木)12時45分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。