ここから本文です

エアバス、ベトジェットからA321型機20機を追加受注

レスポンス 9/8(木) 14:31配信

航空機メーカーのエアバスは9月6日、ベトナムの格安航空会社・ベトジェットから『A321』型機20機を正式に受注した。

エアバスのファブリス・ブレジエ最高経営責任者(CEO)とベトジェットのグエン・ティ・フォン・タオCEOは6日、「A321ceo」型機10機と「A321neo」型機10機の購入契約に調印した。ハノイで行われた調印式にはベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席、同国を訪問していたフランスのフランソワ・オランド大統領が立ち会った。

A321型機の購入契約に加え、エアバスとベトジェットは飛行・整備訓練サービス供給に関する契約も正式に結んだ。ベトジェットの新施設には運航乗務員訓練用のA320型機フルフライト・シミュレーターが設置され、整備士訓練用の記憶媒体・ソフトウェアが供給される。

エアバスがベトジェットから受注した機材の総数は、A320型機54機とA321型機65機、計119機に上る。8月31日時点でA320ceo型機12機、A321ceo型機7機をベトジェットに直接納入済み。


《レスポンス 日下部みずき》

最終更新:9/8(木) 14:31

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。