ここから本文です

卓球男子団体銀メダル・丹羽は筋金入りの乃木坂ファン

東スポWeb 9月8日(木)16時34分配信

 リオ五輪の卓球で男子団体銀メダルを獲得した丹羽孝希(21=明大)が“メダリスト生活”を堪能している。

 7日は都内で行われた、ラケットなどの使用契約を結ぶヤマト卓球と親会社のスヴェンソン主催の報告会に出席。日本男子初のメダル獲得に大きく貢献した丹羽には、500万円の報奨金が贈られた。

 来年3月に大学を卒業予定とあって「そろそろ一人暮らしの部屋も探さないといけない。(報奨金の一部は)その家具代にしたい」。リオ五輪で日本代表をサポートした「エアウィーヴ」の寝具を「結構高いんですけど、睡眠は大事なんで」と購入候補に挙げた。

 8月末は連日、テレビの収録に追われた。そんななか、合間を縫って、アイドルグループ「乃木坂46」のライブに3日連続で出かけた。「2年ぐらい前からのファンです。こういう話をするのは恥ずかしいんですけど…」。ライブのために番組収録を途中退席したほどだけに、かなりの熱の入れようだ。

 4年後の東京五輪で目指すは金メダル。「若い選手も出てくるだろうし、まずは代表になること。今は世界ランク15位なので、トップ10に入って迎えたい」。打倒中国へ、水谷隼(27=ビーコン・ラボ)と並ぶ、二枚看板への成長を誓った。

最終更新:9月8日(木)18時26分

東スポWeb