ここから本文です

ソフトバンク・サファテ40S「強いチームでクローザーを務めている証し」

デイリースポーツ 9/8(木) 9:01配信

 「ソフトバンク2-1オリックス」(7日、ヤフオクドーム)

 絶対的な守護神が歴史に名を刻んだ。1点リードの九回。「一つのミスもしないように心掛けた。それができたと思うよ」。ソフトバンクのデニス・サファテ投手は最速157キロの直球を軸にT-岡田と中島を空振り三振。西野は遊ゴロに打ち取った。2年連続の40セーブは、パ・リーグ史上初めての快挙となった。

 「強いチームでクローザーを務めている証し。セーブをつけるのは自分一人ではできないこと。野手、先発投手、中継ぎ陣が頑張ってくれているから。チームメートに感謝したい」

 チーム最多の58試合に登板。工藤監督も「何があったとしても、うちの守護神であることは間違いない。彼が打たれて負けた分には仕方ない。これからも九回を抑えてほしい」と信頼を口にした。

 昨季自身がマークしたリーグ記録の41セーブまであと1。サファテは「一つずつセーブを重ねていきたい。自分たちの戦いに集中していけば大丈夫」と力を込めた。日本ハムは引き分け、ゲーム差は1に。V3を目指すホークスには頼もしすぎる守護神がいる。

最終更新:9/8(木) 9:11

デイリースポーツ