ここから本文です

宿泊客対応で「じゃらん」最高評価 熱海の旅館、静岡県内初

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月8日(木)11時0分配信

 熱海市の旅館「秀花園湯の花膳」が、リクルートライフスタイルの表彰制度「じゃらんアワード」の2015年度東海ブロック部門で、宿泊客への対応力・姿勢が最も優れた施設に贈るベストコミュニケーション大賞に輝いた。静岡県内初の獲得で、7日に同旅館で受賞発表会見を開いた。

 リクルートが運営する旅行サイトなどを利用する施設は約2万5千軒あり、東海4県は約3100軒。リクルートによると、熱海は15年度の宿泊伸び率が非常に高く、「全国的にみてもけん引している地域」と評される。

 1951年創業の秀花園では6、7年前から、「若旦那」の藤間崇史常務(36)がサイトのクチコミ投稿掲示板に寄せられた宿泊客の声の全てに即返信している。厳しい内容の指摘にも素早く対応し、事実や原因を明確にした上で回答する姿勢を貫いているため、内容を見て宿泊を決める新規顧客も多いという。

 藤間常務は会見で、藤間祐平専務(36)とともに「旅館業は総合芸術。送迎などを含む接客から料理まで全てを追究していきたい」と意気込んだ。

静岡新聞社

最終更新:9月8日(木)11時29分

@S[アットエス] by 静岡新聞