ここから本文です

「1D」脱退のZ・マリクがドバイ公演中止、不安が理由

ロイター 9月8日(木)9時38分配信

[ロンドン 6日 ロイター] - 英ボーイズグループ「ワン・ダイレクション(1D)」を昨年脱退した歌手のゼイン・マリク(23)が、10月7日に予定していたドバイ公演を中止した。不安が大きく、大規模なソロライブをやりきる自信がないことが理由。

主催者がウェブサイト上で公演中止を発表した。チケットは払い戻される。

マリクはファンに向けたメッセージをサイトに掲載。「ここ3カ月、メジャーソロライブに対する大きな不安を克服しようと努めてきたが、10月のドバイ公演をやりきる十分な自信はないと分かった。みんなをがっかりさせて本当に申し訳ない」と語った。

最終更新:9月8日(木)9時38分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。