ここから本文です

【全米テニス】錦織「自信をもって迎えられる」準々決勝マリー戦へ試合前練習

スポーツ報知 9月8日(木)1時7分配信

◆テニス 全米オープン第10日 ▽男子シングルス準々決勝 錦織圭―アンディ・マリー(7日、米ニューヨーク・ナショナル・テニスセンター)

 男子シングルス第6シードの錦織圭(26)=日清食品=は、7日午後1時(日本時間8日午前2時)以降から世界ランク2位で第2シードのアンディ・マリー(29)=英国=と準々決勝を戦う。「楽しみ。体力的にも問題なく、自信をもって迎えられる試合になると思う。マリーは強いですけど、なるべく強い気持ちを持って向かっていきたい」と話していた大一番に向けて、午前11時過ぎから約30分、試合会場となるセンターコートで練習を行った。

 若手パートナーを相手に、サーブリターンを重点的に練習した。5日の4回戦で211センチの長身イボ・カロビッチ(37)=クロアチア=の強力サーブを攻略し「調子が上がってきて、調整できた。自信がついた」と話していた好感触を維持しているようだった。対照的に、先に会場入りしたマリーはサーブを重点的に確認していた。

 錦織はリオ五輪で金メダルを獲得したマリーに対して過去1勝7敗。五輪準決勝では激突1―6、4―6で敗れている。

最終更新:9月8日(木)1時33分

スポーツ報知