ここから本文です

iPhone 7/7 PlusはFeliCa搭載 「Suica」「QUICPay」「iD」に対応

ITmedia Mobile 9月8日(木)4時9分配信

 Appleの「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」と、ウェアラブルデバイス「Apple Watch Series 2」には、新たにFeliCaが搭載される。発表イベントでは3枚のスライドとともに、10月下旬にサービスを開始することが告げられた。

【Apple Payでの支払いが可能な店舗】

 Apple Payの対応サービスは「Suica」「QUICPay」「iD」で、これらのサービスは「Wallet」アプリで管理する。

 Suicaの場合、iPhone 7/7 PlusをSuicaカードかSuica定期券の上に置くと、Suicaの残額やSuica定期券の情報が転送される。あとはiPhoneを改札機の読み取り部分にかざすだけで改札を通過できる。改札を通過するのにiPhoneをスリープから復帰させたり、アプリを起動したりする必要はない。Apple Payで設定したクレジットカードを使うことで、Suicaのチャージや定期券の更新ができる。

 Apple Watch Series 2でSuicaを使う際は、連携しているiPhoneのWatchアプリに追加する必要がある。なお、Apple PayのSuicaはiPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2のいずれかがあれば利用できる。Apple Watch Series 2はiPhone 5以降のiPhoneと連携するので、必ずしもiPhone 7/7 Plusと組み合わせる必要はない。

※一部不確定な部分があったため、記述を変更しました(9/8 7:00)。Apple Watch Series 2とiPhone 7/7 Plus以前のモデルと組み合わせてもSuicaを利用できる旨を追記しました。初出時に誤った情報を掲載していたことをおわびいたします(9/8 13:28)。

 Suicaカードを持っていない場合は、JR東日本のSuicaアプリから、Apple Payと一緒に使えるSuicaを作れる。iPhoneやAppleWatchをリーダーにかざせば、Suica電子マネーの決済も可能。

 クレジットカードとしても利用できる。設定したクレジットカードやプリペイドカードは、QUICPayまたはiDとして割り当てられ、加盟店で利用できる。QUICPayかiDで支払う場合は、iPhone 7/7 PlusならTouch IDに指を載せたままリーダーにかざし、Apple Watch Series 2ならサイドキーをダブルクリックしてリーダーにかざす。

 店舗での支払いのほか、アプリやSafariのオンラインショッピングでの支払いも可能。支払いの際にApple Payを選べば、FeliCaを搭載しないiPhone 6以降、iPad Air 2以降のモデルや2012年以降に発売されたMacでも支払える。

 セキュリティ面にも配慮した。Apple Payでは実際のクレジットカード番号を使う代わりに独自の番号を割り当てるため、Appleがカード情報を加盟店と共有することはない。iPhoneとAppleWatchを紛失した場合も、Suicaの残額を回復できるほか、「iPhoneを探す」機能からiPhone、iPad、Apple Watchを「紛失モード」にして、Apple Payの使用を一時的に中止できる。さらに、「iCloud.com」からカードをリモートで削除することもできる。

最終更新:9月8日(木)13時38分

ITmedia Mobile