ここから本文です

サムスン・LG・アップルの新型スマホ出そろう 目玉機能に注目

聯合ニュース 9月8日(木)13時35分配信

【ソウル聯合ニュース】サムスン電子の新型大画面スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーノート7」、LG電子の新型スマホ「LG V20」、米アップルの最新スマホ「iPhone(アイフォーン)7」が、このほど相次いで公開された。

 各メーカーが目玉とする機能を見ると、使用パターンや好みに応じてどの製品を選ぶべきか、そのヒントが得られる。

 ギャラクシーノート7の特徴は、Sペンと虹彩認識センサーだ。Sペンはスマホの画面に書き込んだり絵を描いたりするツール。新型は本物のペンで書くような感覚を実現するため、ペン先の太さが0.7ミリに細くなり筆記の際の圧力を4096段階に細分化した。外国語のテキストや写真にSペンで触れると希望する言語に翻訳する機能も初めて搭載された。

 V20はオーディオ機能が卓越している。CDよりも16倍以上優れた高解像度音源を再生できる。また、世界で初めて32ビットクアッドコアのDAC(デジタル―アナログ変換機器)を内蔵した。バッテリーは着脱式でカバーを開ければ簡単にバッテリー交換ができる。

 V20はグーグルの基本ソフト(OS)アンドロイド7.0「Nougat(ヌガー)」と、新しい検索機能「In Apps(インアップス)」が導入されている。防水・防じん機能がないのが残念だ。

 iPhone7は3.5ミリのイヤホンジャックがなくなり、指紋認証のホームボタンを減圧タッチ式に変え、初めて防水・防じん機能を導入した。

 ディスプレーは4.7インチでほかの2製品よりも小さく手に収まりやすい。背面にはデュアルカメラが搭載された。1200万画素で広角ズームは2倍、デジタルズームは10倍まで被写体を拡大できる。

最終更新:9月8日(木)14時0分

聯合ニュース