ここから本文です

「iOS 10」、9月13日から配信

ITmedia Mobile 9月8日(木)4時15分配信

 Appleが9月8日(現地時間)、米サンフランシスコで開催されたイベントで、「iOS 10」の配信日を発表した。iOS 10は9月13日から配信される。なお日本時間では14日からの配信となる。

【iOS 10の主な機能】

 iOS 10の対応機種は以下の通り。

・iPhone……iPhone 5、iPhone 5c、iPhone 5s、iPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus
・iPod touch……iPod touch(第6世代以降)
・iPad……iPad Pro(12.9型)、iPad Pro(9.7型)、iPad(第4世代)、iPad Air、iPad Air 2、iPad mini 2、iPad mini 3、iPad mini 4

 iOS 9の対象機種だったiPhone 4s、iPad 2、iPad(第3世代)、iPad mini、iPod touch(第5世代)は、iOS 10では対象外となった。

 Appleが「過去最大のリリース」とアピールするiOS 10では、ロック画面、Siri、写真アプリ、マップアプリ、Apple Music、メッセージアプリなどが拡張される。

 ロック画面のデザインが一新され、左スワイプでカメラが起動し、右スワイプでウィジェットを呼び出せる。ロック画面上で写真や動画を見たり、「メッセージ」アプリにアクセスして返信をしたりと、ロックを解除せずに「できること」が増えた。

 Siriとサードパーティー製のアプリが連携し、SNSアプリでメッセージを送ったり、タクシー配車アプリで依頼したりできる。

 写真アプリでは、人物やイベントごとに写真を分類できるようになる。マップアプリでは、カレンダーに登録した予定から、どこへ行くべきか、どのルートが最も早いかを提案してくれる。

 Apple MusicはUIを簡素化するほか、最近更新したライブラリの表示や、再生している曲の歌詞表示にも対応する。

 メッセージアプリでは、URLのプレビュー表示、メッセージ内の動画再生、絵文字の3倍拡大・予測変換、フキダシの効果変更、手書きや全画面効果などが可能になる。

 iOSデバイスから自宅の家電を操作できる「HomeKit」では、専用の「ホーム」アプリを用意し、複数の家電をまとめて操作できるようになる。

→Apple Storeで「Apple製品」をチェックする

最終更新:9月8日(木)5時31分

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]