ここから本文です

Apple W1チップ搭載、Beatsから新ワイヤレスヘッドフォン

アスキー 9月8日(木)16時23分配信

Beatsは新たなワイヤレスヘッドフォン製品のラインを発表した。イヤフォン/ヘッドフォンともに急速充電に対応するなどの新機軸を導入しいてる。

 Beats by Dr. Dreは9月8日、ワイヤレスヘッドフォン/イヤフォンの新ラインとなる「BeatsX」などを発表した。9月中旬より順次発売する。
 
 BeatsXは、コンパクトでシンプルなデザインのBluetoothイヤフォン。iOS/Androidで利用できるが、iOS 10ユーザーであればApple W1チップによりワンステップでBluetoothペアリングし、iCloud登録デバイス間でシームレスな切り替えが可能。
 
 急速充電と高いバッテリー効率を実現しており、同梱のLightningケーブルで接続すれば5分の充電時間の再生、45分の充電で最大8時間の再生が可能。RemoteTalkケーブルにはマイクが内蔵され、ハンズフリー通話やSiriの起動が行なえる。2016年秋より順次発売し、価格は1万5984円。
 
 「Powerbeats3 Wireless」はワイヤレス接続の耳かけ型のイヤフォン。人間工学に基づいてフィット感を高めた設計を採用。BeatsX同様に急速充電機能を備え、microUSBからの5分の充電で1時間再生、フル充電ならば最大12時間の利用が可能。RemoteTalkケーブルによるハンズフリー通話が行なえる。2016年秋より順次発売し、価格は2万1384円。
 
 「Beats Solo3 Wireless」は同社のオンイヤー型ヘッドフォン「Solo」シリーズを新たにApple W1チップの搭載や急速充電に対応させたもの。イヤーカップ部分にコントロール機能を配し、電話の応答や音楽再生、Siri起動などが行なえる。5分の急速充電で3時間の音楽再生が可能。9月中旬より順次発売し、価格は3万2184円。
 
 
文● 行正和義 編集/ASCII.jp

最終更新:9月9日(金)17時51分

アスキー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]