ここから本文です

イチロー、24度目のマルチ安打&先制ホーム チームは連敗を「5」で止める

デイリースポーツ 9月8日(木)11時10分配信

 「マーリンズ6-0フィリーズ」(7日、マイアミ)

 マーリンズのイチロー外野手(42)はフィリーズ戦に「2番・左翼」で出場し、4打数2安打1得点。今季24度目のマルチ安打で連続安打試合を今季最多の「5」に伸ばし、打率は・298。メジャー通算3021安打とし、ラファエル・パルメイロを抜いて歴代単独26位(大リーグ公式記録)に浮上した。

 前日の試合は代打で今季1号を放ったイチローは、初回1死無走者の打席で右翼線三塁打。過去の対戦打率・100(20打数2安打)と苦にしている右腕のヘリクソンに対し、1ボールから2球目、外寄り127キロチェンジアップを右翼手の右へはじき返し、滑り込むことなく三塁に達した。後続の内野ゴロの間に先制ホームを踏んだ。

 2点リードの三回無死一塁の打席は中飛。カウント2-2からの5球目、外寄りの145キロツーシームを捉えたが、打球は中堅手のほぼ正面だった。

 五回無死一、二塁の好機は左前打。カウント2-1からの4球目、外角の145キロツーシームを三遊間へ。無死満塁と好機を拡大し、追加点につなげた。

 4-0の七回1死一塁の場面は二ゴロ。初対戦の左腕、シュステルに対し、カウント0-2からの4球目、129キロカーブをとらえることはできなかった。

 チームは効果的に得点を重ね、連敗を「5」で止めた。

最終更新:9月8日(木)12時37分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]