ここから本文です

【ゲームの中では傍若無人】41回:3DS『サバクのネズミ団!』 働かざるものサバクフネに乗るべからず!

インサイド 9月8日(木)20時0分配信

「ゲームの中では傍若無人」41回は9月2日のニンテンドーダイレクト後に配信された3DS『サバクのネズミ団!』をピックアップ。本作はサバクの惑星が舞台。移動要塞サバクフネに乗ってまぼろしの黄金郷を目指します。

【関連画像】

プレイ開始時の船内は空っぽ。ここにワークベンチや倉庫を建造し、移動中に調達したスクラップや素材を使ってさまざまなものを作り、作ったものを納品してお金や燃料に換え、次の拠点を目指します。

船は乗り換えながらどんどん大きくなっていきます。船の大きさに合わせて船員も増え、にぎやかになってきました。ねずみは「ねどこ」で増えることも…やることやってるじゃないか…。

ドットで描かれたネズミたちがちょこまかと働く姿はとてもキュート!カタカナの片言っぽいしゃべる方もカワイイので、移動中のネズミ観察が捗ります。

次の拠点までに燃料が切れたり、ネズミの食料が切れたり、運転手がいなくて立往生したらアウト。サンドワームに襲われて、始まりの地に戻されてしまいます。資金も半分に減らされてしまうので立往生だけはなんとしても避けなければなりません。強力な敵に遭遇して撃退できなかった場合も同様です。

燃料、資金、ネズミの確保と体調管理、弾丸の補充など、やることはいっぱい。いかにすべてのタスクを効率よく回せるかがゲームのカギとなります。

先へ進むとサバクフネを狙う敵も強くなります。やみくもに突っ込むより、周回しつつ資材を貯め、船の施設を拡充してから進むべし!

せっせと働くネズミたち。ネズミには得意な作業があるので、能力が存分に発揮できる施設へ配置してあげましょう。

働かざるもの、サバクフネに乗るべからず。ネズミは常に体力を消費しているので、ウロウロさせているだけでもお腹が減り、食料を消費していきます。サバクの過酷な環境下では、ニート養っている暇なんてありません。

ホンネ君「サバクフネの運営は遊びじゃない」 はい、その通り…。

3DS『サバクのネズミ団!』 はニンテンドーeショップにて800円(税)で配信中です。


■著者紹介
みかめ ゆきよみ
ゲーム好き、日本史好きの漫画家兼フリーライター。ゲームはジャンル問わず下手の横好きでなんにでも手を出す。歴史マンガ、コラム、イラストなど雑多に活動中。代表作『ふぅ~ん、真田丸』(実業之日本社)


(C)ARC SYSTEM WORKS

最終更新:9月8日(木)20時0分

インサイド