ここから本文です

<新型PS4>コアとライトの両取り狙いが鮮明に カギ握るPSVRとの連動

まんたんウェブ 9月10日(土)10時0分配信

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が8日、米ニューヨークで発表会を開き、家庭用ゲーム機「プレイステーション4」の新型モデルを2種類発表した。より美しい映像表現を望むコアユーザーの要望に応えつつ、現行モデルの改良版を値下げして出す戦略に出た。10月に発売されるVR(仮想現実)のヘッドマウントディスプレー「PSVR」を後押しをするビジネスとなりそうだ。

【写真特集】PS4版「ドラクエ」がすごすぎる 3DS版と徹底比較も

 SIEのアンドリュー・ハウス社長は発表会で「もはやリビングがPSのシステムの中心ではない。ゲーマーが中心だ」と言い切った。1990年代からゲーム機のシェア争いでは、リビングルームを“制した”ハードが覇権を握ってきたがそれは過去の話だ。どこからもアクセスできるクラウド技術の普及が進み、日本ではスマートフォン向けの無料ゲームが爆発的に普及した。

 ソニーは、据え置き型ゲーム機市場でこそ世界のナンバーワンだが、携帯ゲーム機では任天堂の優位は変わらず、その携帯ゲーム機市場もスマートフォン向けゲームの影響で、世界的には踊り場を迎えている。そんな中でタイプの違う2種類のPS4は、より高性能・高機能を追求する少数のコアユーザーの要望と、ゲーム機の値下げを要求する大多数のライトユーザーの要望をかなえた。

 ハイエンドモデルの「PS4プロ」は、ハイスペックなゲーム体験が可能なPCに対抗する戦略といえる。PS4とPCは、ゲーム業界が熱心に研究開発に取り組んでいる「VR」で争っている。PCはその商品性質上年々進化を続けており、現行のPS4では性能的に対抗できなくなっていた。PS4は元々、欧米でハイスペックなゲームを求める関係者の需要に応えて誕生した経緯もあり、高性能化は必然の流れだった。

 一方で、ゲーム機の世界的な普及に値下げは不可欠で、ゲーム機は、値下げするたびにユーザーを拡大し、市場を広げてきた歴史がある。その反比例する要望を満たすのが、2種類のPS4を出すことだった。

1/2ページ

最終更新:9月10日(土)10時0分

まんたんウェブ