ここから本文です

「コロニア」主演エマ・ワトソンが語る出演の決め手、メイキング映像も一部公開

映画ナタリー 9月8日(木)15時0分配信

エマ・ワトソン主演のスリラー「コロニア」より、インタビューとメイキングシーンを収めた映像がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

南米チリを舞台に、軍部のクーデターに巻き込まれた恋人ダニエルを救うため、拷問施設“コロニア・ディグニダ”へ単身で潜入した女性レナの姿を描いた本作。レナ役をワトソン、ダニエル役をダニエル・ブリュール、レナたちを追い詰める元ナチス党員役をミカエル・ニクヴィストがそれぞれ務めた。監督はフローリアン・ガレンベルガー。

映像では、ワトソンが本作への出演を決めた理由として脚本の魅力を挙げ、「ハイスピードで、緊張しっぱなし。絶対に出演しなければと思った」とコメント。続けて「女性は捕らわれる側を演じることが多いけど、本作では女性が男性を救いに行く。この設定に惹かれたわ」と語っている。ガレンベルガーはワトソンの起用理由について「光を持った女性を暗闇に送り込みたかった。エマ以外に考えられなかったよ」と明かした。

また共演したブリュールについて、ワトソンは「すぐに打ち解けました。素晴らしい俳優で、いいマッチだった」と発言。ブリュールも「とても働きやすかったよ」とワトソンとの共演を振り返る。最後にワトソンは「ハラハラ、ドキドキの連続。同時に、今の社会についていろいろと考えさせられる作品だわ」とコメントを寄せている。

「コロニア」は9月17日より、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷、角川シネマ新宿ほか全国でロードショー。



(c)2015 MAJESTIC FILMPRODUKTION GMBH/IRIS PRODUCTIONS S.A./RAT PACK FILMPRODUKTION GMBH/REZO PRODUCTIONS S.A.R.L./FRED FILMS COLONIA LTD.

最終更新:9月8日(木)15時0分

映画ナタリー