ここから本文です

観光特急「青の交響曲」運行開始記念、オリジナル焼酎ボトルなど発売 /大阪

みんなの経済新聞ネットワーク 9月8日(木)16時0分配信

 近鉄リテーリング(大阪市天王寺区)は9月10日、近畿日本鉄道の観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」運行開始記念として、「青の交響曲オリジナル焼酎ボトル」と「青の交響曲オリジナルパッケージ利き梅酒セット」を数量限定で発売する。(あべの経済新聞)

青の交響曲 オリジナルパッケージ利き梅酒セット

 同日にデビューする「青の交響曲」は、あべのハルカスが建つ大阪阿部野橋駅と桜の名所・吉野山の玄関口となる吉野駅を結ぶ「上質な大人旅」がコンセプトの観光特急。座席は全てデラックスシートで、ホテルのバーをイメージしたラウンジ車両も備える。

 青の交響曲を陶器でかたどった「青の交響曲 オリジナル焼酎ボトル」は、北岡本店(奈良県吉野郡)が製造。同車両のエンブレムをかたどったオリジナルチャームが付く。内容量は500ミリリットルで価格は3,240円。販売予定数量は2016本。

 「青の交響曲 オリジナルパッケージ利き梅酒セット」は、チョーヤ梅酒(大阪府羽曳野市)が製造した「鶯宿」「白加賀」「Pio」の3種類の梅酒をセットにしてオリジナルパッケージで販売。価格は600円。販売予定数量は3000セット。

 販売場所は近鉄・大阪阿部野橋駅のファミリーマートやファミマ!!あべのハルカス店など。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月8日(木)16時0分

みんなの経済新聞ネットワーク