ここから本文です

広島でカープ選手着用スーツのレプリカ 福屋が一般向けに販売 /広島

みんなの経済新聞ネットワーク 9月8日(木)16時46分配信

 福屋八丁堀本店(広島市中区胡町)で9月8日、カープ選手着用のレプリカスーツのオーダー受け付けが始まった。(広島経済新聞)

 カープ選手が試合の移動時などに着用する球団公認スーツと同じ服地を使う。福屋で選手が着用するスーツを作っていることがきっかけとなり、初めて一般向け販売が実現した。

 企画は今年5月にスタートした。担当者によると「普段からカープ球団の承認グッズ作製・販売を行っていることから、企画は自然発生した」という。

 レプリカスーツの裏地は赤を基調にした特別仕様で、ヘリンボーンと「CARP」ロゴが入ったジャカード柄。選手着用モデルとの相違点は、胸ポケットに施す「C」文字の刺しゅう。レプリカスーツには刺しゅうが入らないが、無料オプションでボタンやステッチの糸を赤色に変更や裏地へのネーム刺しゅうに対応する。このほか、購入者には記念品として、赤い木製のカープロゴ入り特製ハンガーも進呈する。

 スーツ単品の制作時間では、同社で扱う通常のイージーオーダースーツと変わらないが、限定裏地の制作や球団の承認を得るまでに3カ月以上かかったという。オーダースーツは生地の価格により異なるが、レプリカスーツと同クラスではオプションによって7~8万円ほどを見込む。

 販売価格は9万8,000円。50着限定。納品は約1カ月後。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月8日(木)16時46分

みんなの経済新聞ネットワーク