ここから本文です

愛車をプロの手で“初音ミク”の痛車にできる!“公認痛車プロジェクト”が始動

ファミ通.com 9月8日(木)16時41分配信

●“マジカルミライ2016”にてラッピングカーをお披露目
 印刷会社スピックバンスターが運営する“すぴっく工房”は、カーラッピングサービス“公認 痛車プロジェクト”を2016年9月9日に始動、第1弾として“初音ミク”のラッピングカーサービスを実施する。

 以下、リリースより。

----------

 創業85年の印刷会社スピックバンスター株式会社が運営する『すぴっく工房』では、ライセンサー公認のカーラッピングサービス「公認 痛車プロジェクト」を2016年9月9日に始動します。第一弾は「初音ミク」のラッピングカー。アニメイトの販売協力のもと提供する、老舗の印刷会社だからできる安心・信頼のカーラッピングです。下記のように、カーラッピングに興味はあるものの踏みきれなかった方を後押しします。

「痛車にしてみたいけどどこにお願いすれば良いの?」
「ラッピング用の大きなデータが用意できないなー」
「車両に合わせたイラスト配置が難しい…」

 尚、当社は初音ミクの創作文化を体感できるイベント『マジカルミライ2016』に協賛。2016年9月9日~11日に幕張メッセにて開催される同イベントの会場で、初音ミクのラッピングカーをお披露目します。

「公認 痛車プロジェクト」URL: https://spik-kobo.spik-group.co.jp(⇒こちら)

■「公認 痛車プロジェクト」第一弾・初音ミクについて
 イラストは、歌声合成ソフトウェア『初音ミク V4X』のパッケージにも使われているイラスト(iXima氏)を使用。ラッピング用の迫力あるデザインに仕上げられています。

 ご依頼後は、車体に合わせたキャラの配置やデータ校正、ラッピング施工までワンストップで対応。製造元の『すぴっく工房』は創業85年の印刷会社・スピックバンスターが運営していて、印刷会社ならではの営業対応で満足いくまでデータ校正が可能です。
 施工にかかる期間は最短3日。職人によるフルラッピング・部分ラッピング(ボンネット、ドア等)を行うほか、愛車をご自身でラッピングしたい方には部材のみの販売も行っております(セルフでのラッピングは難易度は高めです)。

▽施工動画(職人の技で丁寧かつ迅速にラッピング!)
https://spik-kobo.spik-group.co.jp/movie/index.html(⇒こちら)

『すぴっく工房』では、「初音ミク」イラストのほか、車体のカラーチェンジやオリジナルデザインも随時受け付けています。

参考価格(価格は税別):
◇ フルラッピング Mサイズ普通車 480,000円~
◇ フルラッピング Lサイズ中型車 620,000円~
◇ 部分貼りボンネット Mサイズ(1m×1.3m) 75,000円
◇ 部分貼りダブルドア(前後) Mサイズ(1.3m×2m) 110,000円

販売協力:アニメイト
https://www.animate.co.jp(⇒こちら)

製造・販売:すぴっく工房(スピックバンスター株式会社)
〒112-0014 東京都文京区関口1-47-12 江戸川橋ビル3F
https://spik-kobo.spik-group.co.jp/(⇒こちら)

※「初音ミク」とは ( http://piapro.net⇒こちら )
 クリプトン・フューチャー・メディア株式会社が開発した、歌詞とメロディーを入力して誰でも歌を歌わせることができる「ソフトウェア」です。大勢のクリエイターが「初音ミク」で音楽を作り、インターネット上に投稿したことで一躍ムーブメントとなりました。
 「キャラクター」としても注目を集め、今ではバーチャル・シンガーとしてグッズ展開やライブを行うなど多方面で活躍するようになり、人気は世界に拡がっています。
 「鏡音リン」「鏡音レン」「巡音ルカ」「MEIKO」「KAITO」もクリプトン・フューチャー・メディア株式会社が展開するバーチャル・シンガーです。

最終更新:9月8日(木)16時41分

ファミ通.com