ここから本文です

【日本ハム】大谷、2か月ぶり先発復帰でいきなり163キロ!先頭から21球連続直球

スポーツ報知 9月8日(木)6時5分配信

◆日本ハム4―4ロッテ=延長12回規定により引き分け=(7日・札幌ドーム)

 日本ハムの大谷がロッテ戦で約2か月ぶりに先発登板。初回、デスパイネに日本最速で自己最速タイの163キロを投じた。全30球の直球のうち11球が160キロを超える剛速球。久々の先発だったこともあり、無理をせず2回2安打1失点で降板した。先発予定の21日ソフトバンクとの天王山初戦(ヤフオクD)へ向けて復活を印象づけた。チームは9回に1点リードを追いつかれ、2試合続けての引き分けとなった。

 調整なんて言葉は当てはまらない。大谷が投じた日本最速の剛速球に、札幌ドームがどよめきに包まれた。初回2死二塁、デスパイネへの5球目だった。外角低めへ外れるボール球だったが、スコアボードには163キロと計時された。

 「調整と思って試合に投げていない。間もあいてますし、これまで投げてないので。肩が軽い感じはなかったですけど、ブルペンと試合は違う。これから自分の状態を上げられれば」

 悪夢を払拭した。7月10日のロッテ戦(札幌D)での投球中に右手中指のマメをつぶし、中継ぎ調整した24日のオリックス戦(札幌D)では投球フォームを崩した。打撃では打率3割2分5厘、20本塁打、56打点と奮闘する一方、投手・大谷は1度は故障者と同じトレーナー管轄に。「キャンプと同じ」(吉井投手コーチ)と一から投球フォームをつくってきた。

 「もう個を考えるときではない。投げられなくても、イライラすることはなかった。その分、打撃で活躍して勝てればと思っていた」

 45日ぶりの1軍マウンドは“長期離脱”するきっかけとなった同じ舞台で同じロッテを相手に2回38球、2奪三振2安打1失点。直球30球のうち160キロ台は11球。調整登板には十分な力投だった。

 チームは2戦連続で引き分け、首位・ソフトバンクと1ゲーム差。14日のオリックス戦(札幌D)で投球回を延ばし、21日のソフトバンクとの天王山2連戦初戦(ヤフオクD)での先発に状態を上げていく。

 「相手うんぬんよりも、自分の問題が大きいと思う。そこさえ消化して、自信を持ってマウンドに立つことができれば」

 投手・大谷の完全復活へ強く再スタートを切った。(小谷 真弥)

最終更新:9月9日(金)3時35分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。