ここから本文です

西武鉄道の新型通勤電車「40000系」完成…コンセントやトイレ設置

レスポンス 9/8(木) 19:52配信

西武鉄道は9月8日、本年度から2019年度にかけて導入する予定の新型通勤電車「40000系」80両(10両編成8本)のうち、本年度中に導入する予定の編成が完成したと発表した。2017年春から運転を開始する。

[関連写真]

西武は2015年8月、40000系の導入を発表。今年6月には、西武線~東京メトロ線~東急線~みなとみらい線の相互直通列車で40000系を使用した座席指定制の列車を運行すると発表していた。

今回の発表では、これまでの発表になかった追加仕様も明らかにされた。それによると、客室天井に広告用デジタルサイネージ「Smileビジョン」を設置して中づり広告をなくす。17インチディスプレイ2面を横に並べ、1両につき12~16面を設置する。

40000系の一部の編成はロングシートとクロスシートの両方に転換できる座席が設けられるため、乗客の視線も変化する。「利用環境が変化した際にも適切な情報を提供する」ため、中づり廃止とデジタルサイネージ導入に踏み切ったという。

このほか、クロスシート転換時に利用できる電源コンセントを、窓下の壁面に一つ設置。特急レッドアローで順次導入を進めている無料公衆無線LAN「SEIBU FREE Wi-Fi」を40000系にも導入する。また、おむつ交換シートを装備したトイレを設置。車椅子での利用にも対応しており、「観光地へ向かう長距離区間でも安心してご利用いただける」ようにしたという。

ロング・クロス転換座席やパートナーゾーンなどの設置はこれまでの発表と同じ。2017年春から運転を開始し、2019年度までに80両が導入される予定だ。

《レスポンス 草町義和》

最終更新:9/8(木) 19:52

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。