ここから本文です

錦織、準決勝はワウリンカと対戦

デイリースポーツ 9月8日(木)15時18分配信

 「テニス・全米オープン・男子シングルス準々決勝」(7日、ニューヨーク)

 2年ぶりの4強入りを果たした第6シードで世界ランキング7位の錦織圭(日清食品)の準決勝の相手は、同3位のスタン・ワウリンカ(スイス)に決まった。

 錦織は準々決勝で、世界ランキング2位でリオ五輪金メダリストのアンディ・マレー(英国)を1-6、6-4、4-6、6-1、7-5とフルセットの末に下した。

 ワウリンカは準々決勝で、同142位でリオデジャネイロ五輪銀メダリストのフアン・デルポトロ(アルゼンチン)を7-6、4-6、6-3、6-2のセット数3-1で下し、2年連続3度目のベスト4進出を果たした。

 現地時間8日の午前1時過ぎまで戦ったワウリンカは金曜日(9日)の錦織戦へ向け、「とにかく疲れているので今は眠りたい。彼(錦織)もフルセットを戦って疲れているだろう」などと語った。

最終更新:9月8日(木)17時17分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]