ここから本文です

「BFG」スピルバーグお気に入りの“プップクプー”とは?本編映像ワンシーン公開

映画ナタリー 9月8日(木)17時0分配信

スティーヴン・スピルバーグ監督作「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」より、本編映像の一部がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

ロアルド・ダールの児童書を映像化した本作は、児童養護施設で暮らす孤独な少女ソフィーと、心優しい巨人・BFGの交流を描くファンタジーアドベンチャー。BFGをマーク・ライランスが演じ、日本語吹替版では本田望結がソフィーの声を担当した。

映像にはBFGがこよなく愛する緑色のソーダ、“プップクプー”が登場。炭酸は下から上へと泡が立つものだが、プップクプーは上から下に泡が流れるのが特徴だ。これを一気に飲み干したBFGはゲップではなく“プリプリプー”ことオナラを出し、体を宙に浮かせながら満面の笑みではしゃぐ。

同場面がお気に入りシーンの1つであるというスピルバーグは「マークはワイヤーを付けて、彼がオナラをするたびに空中に勢いよく引っ張られないといけなかったんだ。マークはそれが大好きだったよ(笑)」と撮影を楽しげに振り返った。

「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」は9月17日より全国ロードショー。



(c)2016 Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

最終更新:9月8日(木)17時0分

映画ナタリー